WEBライティングの基礎!「重複表現」を例示と一覧表でカンタンに紹介!

Webライティング

ちゃんやです。

今回はWebライターが気をつけるべき重複表現について解説していきます。

重複表現はライティングにおいてはマナー違反とされていますが、誰もがついつい使ってしまいがちです。

クラウドワークスが提供するWebライター検定3級の試験でも、出題されるのでWebライターなら抑えておきたい内容です。

重複表現とは

重複表現とは、その名の通り同じ意味の語を重ねる表現です。

多くの人が知らず識らずのうちに使ってしまいがちですが、ライティングのマナーでは誤用とされることが多く、商品として文章を提供するWebライターなら使わないようにしたいですね。

とはいえ、重複表現は数が多く、その全てを丸暗記するのは不可能に近いです。

そこで今回は、例を羅列するのではなく、よくある重複表現をパターンごとに分類して紹介していきます。

 

「あらかじめ」+「予」のつく熟語

・あらかじめ予約する
・あらかじめ予定をいれる

上記のような言い回し、よくしてしまう人は多いのではないでしょうか?

「あらかじめ」という言葉は漢字で書くと「予め」と書くので重複表現に当たります。

「予」が付く熟語を使う場合は、「あらかじめ」という言葉は使わないように気をつけましょう。

「予」が付く熟語の例

予約・予定・予算・予感・予兆・予告・予言・予想・予防など

また、類似の言葉で「事前に予約する」という表現も厳密には重複表現に当たるので注意が必要です。

 

「まだ」+「未」のつく熟語

・まだ未対応
・いまだ未確認

こちらもよく使われる表現ですが、重複表現に当たります。

「まだ」という語の語源は「いまだ」で、「いまだ」は漢字で書くと「未だ」と理解するとわかりやすいですね。

「未」が付く熟語の例

未対応・未完成・未熟・未詳・未定・未納・未確認・未来など

 

「もっとも」「一番」など最上表現+「最」のつく熟語

・もっとも最速
・一番最強

これは最上級+最上級で強調表現をする場合に使われがちですが、あまり使わないようにするのがベターでしょう。

最近はあまり見ない言葉ですが「一等」という言葉も最上表現の一つとして挙げられます。

「最」が付く熟語例

最高・最強・最低・最弱・最愛・最速・最短・最長・最適・最善・最下位・最高級・最前列・最前線・最大限・最適化・最上級・最下級など

 

時間・時期を指定する表現+時間・時期を表す語を含む熟語

・今朝の朝刊
・いま現在

時間を表す語を含む熟語は、複合語というよりは、一つの名詞として定着しているものも多いので、無意識にやってしまいがちな表現です。

時間を表す語を含む熟語例

朝刊・朝飯・朝礼・昼食・昼寝・夕飯・夕刊・夕焼け・冬晴れ・秋空・冬眠など

これについては少し注意が必要で、時間・時期を表す語を含む熟語には秋田や春菊など、時間や時期を表す語を含む熟語だが、時間や時期を指定するものではない語もあるので、そこは文脈や語の意味を汲み取る必要があります。

 

その他の使いがちな重複表現

ここまで可能な限りパターン化をしてきましたが、重複表現の全てをパターン化できるわけではありません。

そこで、ここからは使いがちな重複表現を以下に紹介させていただきます。

違和感を感じる

これはよく議論の種になる表現で、調べてみると誤用派と誤用ではない派がそれぞれ持論を展開しています。

Webライターは別に言語学者ではないので、このようなグレーな表現については、正しいかどうかはともかく、とりあえず避けておいたほうがベターですね。

言い換え表現
・違和感を覚える
・違和感がある

参考:「違和感を感じる」は誤用!?「違和感」の正しい使い方を覚える!

 

元旦の朝

元旦とは「元日の朝」を示す言葉です。

言い換え表現
・元旦
・元日の朝

参考:がん‐たん〔グワン‐〕【元旦】

 

私の私見を述べると

私見とは、「個人的な意見」「自分ひとりの意見」という意味なので、「私の」という表現は不要です。

言い換え表現
・私見を述べると
・私個人の意見を述べると

参考:し‐けん【私見】

 

そもそもの発端

「発端」は「物事の始まり」、「そもそも」は「元来」という意味のため、意味が重複しています。

言い換え表現
・ことの発端
・そもそも

参考:はっ‐たん【発端】

 

過半数を超える

「過半数」はその名の通り「半数を過ぎている」状態を示します。

そのため、「超える」という言葉を重ねると重複表現に当たります。

言い換え表現
・半数を超える
・過半数に達する

参考:かはん‐すう〔クワハン‐〕【過半数】

 

クリスマスイブの夜

クリスマスイブは「クリスマス前日の夜」という意味なので、夜が重なり重複表現になります。

言い換え表現
・クリスマスイブ
・クリスマス前夜

参考:クリスマス‐イブ【Christmas Eve】

とはいえ、恋人との会話の時にこんな事をわざわざ指摘していたら、ウザいと思われるので、普段は気にしなくていいでしょう笑。

ライターとしての記事執筆の際にだけは、しっかりと気をつけましょう!

 

まとめ・注意事項

以上、重複表現について紹介してきましたが、最後に注意事項です。

途中でも少し触れましたが、重複表現は強調表現として用いられる場合もあり、その全てが誤用というわけではありません。

例えば「いま現在」という表現については、「認められる範囲内である」NHKの放送文化研究所が回答しています。

Webライターとして活動する上では、忌避すべき表現ではありますが、日常会話の中などではそこのバランス感覚を失わないように気をつけましょう。

 

Webライターとしてのスキルを付けたいなら

Webライターとしてのスキルを高めたいのならWebライター検定を受験するのがおすすめです!

今回紹介した「重複表現」を含めて、Webライターとしての様々な知識を無料で身に付けることができます。

Webライター検定については過去の記事で紹介しているので、こちらもぜひご覧ください!

履歴書にも使える!Webライター検定3級の対策や解答のコツ・難易度を紹介
ちゃんやです。 今回はWebライター検定3級に一発で合格できたので、その勉強法や出題傾向について書いていきます。 こんな人にオススメ! ・Webライターやブロガーとして仕事や副業をしたい人 ・Webライティングを0から勉強し...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました