【レビュー】NFTビジネスマン必携の書「NFTの教科書」を簡単に要約【書評】

NFT・仮想通貨

ちゃんやです。

本日はNFTの教科書という本を読み終えたので紹介させていただきます。

自分は仕事でNFTやブロックチェーンを扱っているのですが、その視点から見ても、かなり有用な書でありました!

こんな人にオススメ!
・ビジネスでNFTを使う人
NFTがどんな分野で活用されているのか知りたい人
・NFTの今後の展望が知りたい人
・NFTの会計・法整備などちょっと高度なことを知りたい人

「そもそもNFTとは?」という部分についてはある程度は知っている前提で話が進行していくので「NFTについて全く何もわからない」という方にはオススメできないかもしれません。

「NFTって大体こういうのだよね~」と何となくでもいいのでイメージできるぐらいの人にとっては、NFTへの知識をしっかりとしたものにするためにとても役に立ちます!

 

なぜ今、NFTの書籍が?

今年(2021年)、NFTは世間から大注目を浴びました。

もちろんこれらはあくまで一部に過ぎず、国内外のNFTに関するビッグニュースを挙げるとキリがありません。

そんなネット上を賑わせているNFTですが、調べようと思って書店に行ってみるとどうでしょう?
そうです、実は今までNFTに関する書籍はほとんど発売されていなかったのです。

Amazonの電子書籍を覗いてみると個人出版のNFT書籍はチラホラありますが、リアルな書籍はほとんどありませんでした。

ですが、最初に挙げたようにNFTは既に一大ムーブメントを巻き起こしており、多くの企業が参入を計画しています。

そんな中で、NFTへの参入を目指す企業担当者やビジネスマンに是非とも読んでほしいのがこのNFTの教科書です。

 

「NFTの教科書」の内容

ここではネタバレにならない程度にざっくりと「NFTの教科書」の内容を紹介します。

NFTの教科書は3つのチャプターから構成されています。

  • NFTビジネスの全体像
  • NFTに関する法律と会計
  • NFTの未来

これらのチャプターがさらにいくつかのセクションに分かれ、それぞれのセクションごとに、各分野のプロフェッショナルが解説していく形式で書は進行していきます。

NFTビジネスの全体像

このチャプターでは、今どんなNFTサービスがあるのか、それらのサービスの課題と展望は何なのかを紹介しています。

紹介している分野は以下となります。

  • NFTの現状
  • マーケットプレイス
  • アート
  • メタバース
  • 国内ゲーム
  • 海外ゲーム
  • スポーツ
  • トレーディングカード
  • ファッション
  • 音楽
  • 海外NFT特化型ブロックチェーン
  • 国内NFT特化型ブロックチェーン
  • 技術的課題

上記、各分野のエキスパートたちが、実例を交えて、それぞれの分野の特徴や抱えている課題について解説してくれます。

サービスの中の人視点からのNFTに対する鋭い考察は、気付かされることが多いです。

また、NFTの活用事例をたくさん知ることができるので、単純に読んでいて非常に楽しいところでもあります!

 

 

NFTが抱える法的・会計的課題

ここでは法律的、会計的な課題について紹介しています。

NFTの調べ物をしている時に、この話題に踏み込んでくれているネット書籍や記事は少なかったので、非常に価値のある情報が詰まったチャプターとなっています。

ここのセクションと、扱っているトピックは以下のとおりです。

  • NFTと法律
    • NFTと法的な「所有権」
    • 著作権法
  • NFTと金融規制
    • 資金決済法
    • 金融商品取引法
    • 資金移動業
  • その他NFTに関連する諸法
    • 賭博法
    • 景品表示法

法律と金融規制の面からNFTを紐解いていきます。

ビジネスでNFTを扱ったことがある人なら、これらの法律、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

これらの法律、特に金融規制については、調べようと思ったら金融庁の政策審議会の議事録を読むしかなく、勉強のハードルが高い分野でした。

「NFTの教科書」では、この分野の情報を、わかりやすく、まとめて解説してくれており、とても勉強になりました。

とはいえ、前章の「NFTビジネスの全体像」に比べると、頭が痺れる、ヘビーな内容にはなっていますが、その分読み応え充分で、たくさんのものを得ることができます。

 

 

NFTの将来像

ここでは書の締めくくりとして、NFT分野の最前線で仕事をしている4名がそれぞれの切り口で、NFTの将来像について語っています。

それぞれの切り口については以下のとおりです。

  • NFTという新たな無形資産の可能性
  • 新たな市場作りの課題
  • 世界視点で見たNFT
  • 資本主義のアップデート

ここまでの章では、NFTについての個別的・具体的な話を主に扱っていますが、この章ではもっと概念的な話がメインとなります。

NFTという新しい技術の持つ可能性や、NFTが世界をどう変えていくのかなど、が語られています。

 

「NFTの教科書」全体の書評

前半でも少し触れたように、「NFTの教科書」は「NFTって何?」と思っているような全くの初心者にはおすすめの本ではありません

NFTにある程度の知識がある方や、ビジネスでNFTを使う方にはおすすめの本です。

NFTが語られるときには、楽観的な視点でしか語られないコトが多いのに対して、「NFTの教科書」はNFTが直面している現実的で厳しい課題にも真正面から向き合っており、本当の意味でのNFTの現状を知ることができます。

NFTについての考えをもっと深めたい人や、NFTをビジネスで使う人には必読の書です。

興味のある人は是非とも「NFTの教科書」を読んでみてください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました